Chepolinko

スタジオ

Chepolinko(チェポリンコ)スタジオはニューボーンフォト、マタニティフォト、家族写真、ポートレート撮影の専門スタジオです。100平方メートルの広々としたスタジオは、都心の品川区にあります。

お客様により快適に過ごして頂くため、Chepolinkoスタジオは貸切制です。広いスタジオ内には、ラウンジと撮影エリアの2つお部屋があります。

Chepolinko スタジオ

Chepolinko(チェポリンコ)スタジオはニューボーンフォト、マタニティフォト、家族写真、ポートレート撮影の専門スタジオです。100平方メートルの広々としたスタジオは、都心の品川区にあります。

お客様により快適に過ごして頂くため、Chepolinkoスタジオは貸切制です。広いスタジオ内には、ラウンジと撮影エリアの2つお部屋があります。

ラウンジ

Chepolinko Studio - マタニティフォト とニューボーンフォト

Chepolinkoスタジオのラウンジは、お客様が快適に過ごせるようデザインされています。ソファーでくつろいだり、テレビや映画を見たり、お子さんと遊んだりと、自宅のようにリラックスしてお過ごしいただけます。ラウンジにはコーヒー、お茶、スナックもございます。

撮影エリア

Chepolinko Studio - マタニティフォト とニューボーンフォト

撮影エリアは、高クオリティーな写真を撮影するための専門設備を整えております。撮影のための赤ちゃん用の衣装、アクセサリー、帽子などを種類豊富に取り揃えております。マタニティフォト用の衣装は、海外のデザイナーから特別に取り寄せたユニークでスタイリッシュな素敵なアイテムの中からお選びいただけます。撮影エリアには、赤ちゃん用のオムツ交換台、授乳用の椅子やクッション、おしりふき、オムツ、手指消毒剤などのベビー用品もご用意しております。

リピーターのお客様多数

当社ではお客様との繋がりをとても大切にしております。単に撮影の依頼を受けたという事実だけでなく、日々変化する家族の皆様に寄り添った思い出深いサービスを提供できるよう真心を込めて対応しております。
マタニティフォトの撮影や、ニューボーンフォトの撮影を行ない、そのあともバースデーや家族全員での撮影を行うなど、リピートしてくださるお客様も多数いらっしゃいます。
撮影のたびに新しい姿を見せてくださるご家族のお写真を残す時間は、私たちにとっても大変嬉しい瞬間となっています。

またありがたいことに、ご友人同士で当社をオススメしてくださるお客様も
ご家族のかけがえのない時間を、ぜひ当社で素敵な写真に残していきませんか?

自宅出張撮影するよりも、スタジオでの撮影を選択するメリットは?

スタジオに出向いて撮影するよりも、自宅で撮影したほうが楽だと考える方もいると思います。

しかし私たちの経験上、ご自宅でのニューボーンフォト撮影はお客様にとって負担が多くストレスになると考えております。

フォトグラファーは撮影に必要な機器、小道具、背景用の布など沢山の物を持ち込むため、撮影に十分なスペースが必要となります。最適な照明があたる場所を探すため、撮影準備に長く時間を要する可能性もございます。

それに比べて、Chepolinkoスタジオでの撮影は、専門設備や照明が整っており、撮影用の小道具や赤ちゃん用衣装を種類豊富に取り揃えております。ご家族は家事をいったんお休みして、ラウンジでリラックスしながらお待ちいただけます。スタジオにいらっしゃったお客様からは「Chepolinkoスタジオでの撮影は、家事や赤ちゃんの世話に追われた睡眠不足の日々からの息抜きになり、ミニバケーションに行ったような気分になれました。」とご好評いただいております。

Chepolinko Studio - マタニティフォト とニューボーンフォト

ご予約完了後にお送りする〔撮影準備ガイド〕には、当日ご自宅を出てから撮影が終了するまでの流れについて詳しく書いてあります。写真撮影は赤ちゃんの体調に合わせて行いますので、セッションの時間制限はありません。赤ちゃんのお腹が空いてきた時や、疲れてしまった時にはいつでも休憩を取れます。

Chepolinkoスタジオは、年上のお子様がいるご家庭や屋外撮影を希望するご家族にとっても、とても便利な所に位置しています。Chepolinkoスタジオの近くには、こどもたちが楽しめる遊具付きの公園が2カ所ありますのでニューボーンフォトセッションの間に、上のお子様を公園に連れて行くことができます。また、スタジオのキッズコーナーで遊んだり、テレビを見たりすることもできます。

Chepolinkoスタジオをご見学希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

カメラマン

Alina Troy - Chepolinko

Alina(アリーナ):東京で初めてのニューボーンフォト専門スタジオ『Chepolinko』の代表兼フォトグラファー。

2010年に来日。2014年にマタニティフォトニューボーンフォト撮影のプロフェッショナルとして活動を開始。家族写真のみならず、特別なニーズや障害を持つ赤ちゃんを含め、様々な年齢や性格のこども達を撮影した経験を持つ。

「2013年12月に初めての出産を経験してから、新しい命の美しさと尊さを心から理解できたと思います。また、子の特別な一瞬が、いかにあっという間に過ぎていくかを実感しました。

私自身も二人の子の母親として、乳幼児の生理学に関する知識を深めてきました。様々なトレーニングやワークショップに積極的に参加し、ニューボーンフォトを撮る上での赤ちゃんの取り扱いや安全なポーズ方法に関する技術を習得しました。撮影時は赤ちゃんの安全と快適さを最優先し、細心の注意を払っています。」

Alinaは、デザイン・アート・インテリア・クラフトにも強い情熱を持っている。

お客様ひとりひとりの好みやイメージに合った、オリジナルのデザインをプロデュースし、唯一無二のアートを生み出す。

「Chepolinkoスタジオは、赤ちゃんやこども達だけでなく、ご家族の皆さんに快適な撮影をしていただけるようデザインしました。すべてのお客様に最高品質の撮影経験をしていただけるよう最善を尽くしております。」

自宅出張撮影するよりも、スタジオでの撮影を選択するメリットは?

スタジオに出向いて撮影するよりも、自宅で撮影した方が楽だと考える方もいると思います。

しかし私たちの経験上、ご自宅でのニューボーンフォト撮影はお客様にとって負担が多くストレスになるおそれがあります。

フォトグラファーは撮影に必要な機器、小道具、背景用の布など沢山の物を持ち込むため、撮影に十分なスペースが必要です最適な照明があたる場所を探すため、撮影準備に長く時間を要する可能性があります。

Chepolinko Studio - マタニティフォト とニューボーンフォト

それに比べて、Chepolinkoスタジオでの撮影は、専門設備や照明が整っており、撮影用の小道具や赤ちゃん用衣装を種類豊富に取り揃えております。ご家族は家事をいったんお休みして、ラウンジでリラックスしながらお待ちいただけます。今までスタジオにいらっしゃったお客様から「Chepolinkoスタジオでの撮影は、家事や赤ちゃんの世話に追われた睡眠不足の日々からの息抜きになり、ミニバケーションの様な気分でした。」とご好評いただいております。

Chepolinko Studio - マタニティフォト とニューボーンフォト

ご予約完了後にお送りする〔撮影準備ガイド〕には、当日ご自宅を出てから撮影が終了するまでの流れについて詳しく書いてあります。写真撮影は赤ちゃんの体調に合わせて行いますので、セッションの時間制限はありません。赤ちゃんのお腹が空いてきた時や、疲れてしまった時にはいつでも休憩を取れます。

Chepolinko Studio - マタニティフォト とニューボーンフォト

Chepolinkoスタジオは、年上のお子さんがいるご家庭や屋外撮影を希望するご家族にとっても、とても便利な所に位置しています。Chepolinkoスタジオの近くには、こどもたちが楽しめる遊具付きの公園が2カ所ありますのでニューボーンフォトセッションの間に、一人の親が上のお子さんを公園に連れて行くことができます。また、スタジオのキッズコーナーで遊んだり、テレビを見たりすることもできます。

Chepolinkoスタジオをご見学希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約
ご予約・お問い合わせ