新生児フォトのおすすめ構成パターン

新生児フォトは、産まれたてならではの赤ちゃんの可愛さを活かすと、より良い写真が撮れます。いくつかおすすめの構成パターンやポイントをご紹介します。

手足を撮る

赤ちゃんの小さな手足をクローズアップして撮ると、その愛らしさを感じられるだけでなく、将来大きくなった手足と見比べて、成長を実感するきっかけにもなります。新生児の時から毎年撮っておくと、成長過程の記録にもなるのです。

寝姿を撮る

新生児の頃はどうしても寝ている写真が多くなりがちです。しかし、寝ている赤ちゃんを上から撮影するのか横から撮影するのかでも、写真の雰囲気は大きく変わってきます。寝ている時に変わる表情や、赤ちゃん特有の寝姿など、可愛らしい瞬間を様々な角度から撮ってみましょう。

家族で撮る

子供だけ写すのではなく、パパとママも一緒に写ることでさらに思い出深い写真になります。パパとママの手で赤ちゃんを支えたり、一緒に寝転んだり、抱っこしたりして撮ってみましょう。

東京で新生児フォト撮影のためにスタジオをお探しなら!~出張撮影も承ります~

東京で新生児フォト撮影のためにスタジオをお探しの方は【Chepolinko Studio】へお越しください。東京の【Chepolinko Studio】では、お客様のご希望に合わせた撮影が可能です。スタジオ撮影の他、ご自宅や屋外での出張撮影も承っています。

【Chepolinko Studio】では、新生児用の帽子・ニットのお洋服・リボン・ヘッドバンドなどもご用意しています。どの小道具も全て清潔に保っているので、安心してご利用ください。

もちろん、お客様ご自身で衣装や小道具をご用意いただいても構いません。どのようなイメージで撮りたいか悩んでいるという方は、ホームページに今まで撮影した写真を掲載しているため、ぜひご参考ください。人気のポーズや構成を調べてイメージを膨らませることもおすすめです。東京で新生児フォト撮影を検討中なら、ぜひ【Chepolinko Studio】へご相談ください。

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

写真や撮影に関する豆知識