新生児フォトはどこが発祥?

新生児フォトはニューボーンフォトとも呼ばれ、発祥の地はアメリカのニューヨークです。そこから、欧米のママたちの間で定番になりました。出産から退院まで5~10日程度かかる日本と違い、欧米では出産から1~2日で退院できることが多いです。

そのため退院してすぐスタジオや自宅で撮影できるので、新生児フォトが定番になったともいわれています。日本でも新生児フォトを撮る方は増えてきていますが、まだ欧米ほどの認知度はありません。日本では生後1か月ごろまでは外出を控えるよう指導する病院も多いため、新生児を外に連れていくことに不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、今は新生児フォトに対応できるスタジオやカメラマンも増え、出張対応もしてくれるため、外出が不安な場合はご自宅など安心できる場所で撮影することができます。

新生児フォトはその時期だからこそ撮影できる身体のシワや独特のポーズ、表情を写真に納めることができる素敵なものです。東京の【Chepolinko Studio】では、新生児フォトの撮影依頼を承っています。ご家族の大切な一瞬を記録に残すために、ぜひご利用ください。

東京で新生児フォトを依頼するなら!~外出が不安な方には安心の出張撮影がおすすめ~

東京で新生児フォトの撮影を依頼しようとお考えの方は、【Chepolinko Studio】へお問い合わせください。欧米で定番の新生児フォトは、産まれたての姿を思い出させてくれる素敵なものです。

天使のような純粋さ、特別な愛らしさを感じることができます。【Chepolinko Studio】では、家族ごとに異なるストーリーを写し出すことを目標としているため、可愛らしいだけでなく、美しいアートのような写真に仕上がっています。

また、ご自宅や希望する場所での出張撮影も承っています。出張撮影であれば外出の必要がなく、体調面でも安心して撮影できるのでおすすめです。スタジオでもご自宅でも、ご家族皆様がリラックスしながら撮影に臨めるよう心掛けています。東京にお住まいの方で新生児フォトに興味をお持ちの方は、ぜひ一度【Chepolinko Studio】へご相談ください。

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

写真や撮影に関する豆知識