知っておきたい赤ちゃんの体調管理

赤ちゃんの体は大人と同じ作りをしていますが、大人に比べてとても弱く繊細で、器官や機能も未熟です。そのため赤ちゃんは病気にかかってしまうと進行が早く、重症化しやすいといえます。赤ちゃんはお腹にいる間や初乳で、ママから病気に対する抗体や免疫をもらっているのですが、それは徐々に減っていき、生後5~6か月頃にはほとんどなくなってしまうのです。

その時期が終わってしまうと、風邪など感染症にもかかりやすくなるため、重症化させないためにも普段から赤ちゃんの健康管理はしっかりしておきましょう。日常的に管理することで、何かあった場合の変化に気付きやすくなります。赤ちゃんの健康管理としては、体温・機嫌・食欲・睡眠・顔色のチェックなどが基本です。

熱がいつもより高くないか、泣きぐずってばかりいないかなど、変わった様子が無いかを注意深く確認してください。さらに着替えの時などには、発疹や湿疹が出ていないか、おむつかぶれ・あせもができていないかなども確認し、おむつを変える時には排泄物の回数・量・色も確認しておきましょう。

また、かかりつけの小児科を決めておく、夜間や休日の診療も行っている医療機関を確認しておくと、いざという時に安心です。赤ちゃんは言葉で気持ちを伝えることができないため、少しの変化を見逃さないようにしてあげましょう。

東京でニューボーンフォトのスタジオをお探しなら!~安心の撮影環境・出張撮影も可能~

東京でニューボーンフォトのスタジオをお探しなら【Chepolinko Studio】へお越しください。東京の【Chepolinko Studio】では、新生児ならではの可愛さを撮影できると人気のニューボーンフォトの撮影にも対応しています。ご自宅や好きな場所で撮ってほしいという方には、出張撮影がおすすめです。

スタジオは赤ちゃんにとって過ごしやすい気温に調整し、撮影に使用する小物類も清潔な状態でご用意しているので、安心して撮影をお任せいただけます。

赤ちゃんの体調や機嫌が悪いと、良い表情で撮ることが難しくなるため、日頃から体調管理をしっかりと行い、万全の体調でニューボーンフォトに臨みましょう。東京のスタジオに依頼しようとお考えなら、ぜひ【Chepolinko Studio】へお問い合わせください。

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

写真や撮影に関する豆知識