マタニティフォト撮影のポイント~人気のポーズを見てイメージを膨らませよう~

マタニティフォトの撮影をお願いしたけど、スムーズに撮影することができるか不安な方もいらっしゃるかと思います。そのような場合は、まずはどんなマタニティフォトにしたいかというイメージを膨らませることが大切です。漠然としたものでも大丈夫ですが、理想のポーズや雰囲気が決まっていれば、前向きな楽しい気持ちで撮影に臨むことができます。

そして、イメージが決まっていることにより、当日の撮影もスムーズに進めることができるのです。マタニティフォトでは、よく見かける人気のポーズがあります。「お腹に手を添える」「寝転がってお腹に手を添える」「サイドからお腹を支える」「パパがママのお腹に手を添える」などが人気のポーズです。

事前に他のマタニティフォトを見るなどして、やりたいポーズを探したり、イメージを膨らませたりしておくのがおすすめです。また、マタニティドレスを着たり、エコー写真を持ったり、子供服と一緒に撮ったりと、小道具を加えることで、より一層素敵な写真に仕上がります。

東京でマタニティフォトの撮影を行う【Chepolinko Studio】~安心のクオリティで撮影~

【Chepolinko Studio】は、東京でマタニティフォト・家族写真・ニューボーンフォトなどの撮影を中心に行っているスタジオです。東京の【Chepolinko Studio】では、マタニティフォトを撮るにあたって、たくさんの撮影オプションをご用意しています。ご自宅や屋外での出張撮影はもちろんのこと、撮影した写真の妊娠腺や産毛の修正なども対応可能です。

ポーズ・表情・ライティング・全体像を比較し、ベストな写真を厳選して編集するため、安心してお任せください。写真一枚一枚を、本物の芸術作品として仕上げさせていただきます。

屋外での撮影の場合、キレイで人があまりいない静かな場所など、ご希望のロケーションを探すお手伝いもさせていただくので、お気軽にご相談ください。東京の品川区で営業する【Chepolinko Studio】は、予約制のスタジオです。事前にご予約のお電話やお問い合わせをお願いします。

マタニティフォト

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

詳細はこちら

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

詳細はこちら

写真や撮影に関する豆知識