妊娠中の腰痛の原因

妊娠中の方の多くが腰痛に悩まされています。その中でも妊娠初期に起こる腰痛の原因は、出産ホルモンによるものです。妊娠3ヶ月頃になると出産ホルモンのリラキシンが分泌され、出産に備えて骨盤を緩めるため、それを支えようとお尻や腰の筋肉に負担がかかり、腰痛が引き起こされます。

そして、妊娠後期の腰痛は10kg前後体重が増え、お腹が出て姿勢が変化することが原因です。お腹が大きくなるにつれ重心が前方に移動し、それに伴って骨盤や腰椎も前方に傾いてしまいます。すると、後方にバランスを取るために背中が張った状態になり、腰痛が起こってしまうのです。

妊娠による腰痛におすすめの対策

妊娠中の腰痛への対策として、日常的な動きから気をつけることを意識してください。荷物を持ち上げる時は、必ず片膝を床につけてゆっくり持ち上げましょう。立ったり座ったりという動作も、できるだけゆっくり行うと良いです。

そして靴の選び方も重要で、底の部分が平べったい物よりも、 2~3cmのヒールがあるものを選びましょう。重心を後ろに取りやすく歩きやすいため、おすすめです。

また、冷え症の方は筋肉が硬くなりやすく腰痛になりやすいという特徴があるため、身体を温めることを意識しましょう。妊娠中は腰痛の他にも身体の不調が起きやすいため、原因を把握した上で様々な対策をとって体調を崩さないように気をつけることが大切です。

東京でマタニティフォトにも対応しているスタジオ【Chepolinko Studio】~人気の定番ポーズの写真も芸術的な一枚に!~

【Chepolinko Studio】は、東京でマタニティフォト・新生児フォト・家族写真などの撮影をメインに行うスタジオです。写真をアートの一環としてとらえているため、その日撮った写真からベストなものを選択・編集し、本物の芸術作品として仕上げさせていただきます。

マタニティフォトで人気の定番ポーズでも、背景やライティング、顔の表情などにこだわり、オリジナルの作品にすることが可能です。出張撮影も可能なので、外出が不安だという方も安心してご依頼ください。

【Chepolinko Studio】は東京の品川で営業しているため、アクセスも便利なスタジオです。東京でマタニティフォトの撮影を検討している方は、ぜひ【Chepolinko Studio】をご利用ください。

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

写真や撮影に関する豆知識