産後の体調不良の原因

産後のママが体調不良を起こしやすい原因は、大きく分けると「出産による体力の消耗」「育児による寝不足」「授乳」の3つです。出産により、想像以上に体力を消耗してしまっている状態のまま育児をすることで、疲労やストレスが蓄積され、身体の不調につながってしまうのです。

そして、特に新生児は長く眠ることがないので、短時間でママも起こされ、寝不足になってしまいます。さらに授乳ですが、これはママの栄養を赤ちゃんに分け与えていることになるため、しっかりした栄養管理を行っていないと、ママから体力と栄養がなくなってしまうのです。

家族に子供を見てもらい少しでも睡眠をとる、異変を感じたら我慢せずに病院に行くなど、無理せず自分の身体を大切にするよう心掛けましょう。

産後の体調不良パターン

産後のママには沢山の体調不良のパターンがあり、具体的な例としては、「産後の発熱」「頭痛・腹痛」「便秘」「むくみ」「貧血」「ストレスによる苛立ち」などがあります。体調不良のパターンによって対処法が異なるため、病院でみてもらい症状に合った対策を取りましょう。

このような産後の体調不良はずっと続くわけではありません。産後6~8週頃の産褥期(出産してから体が元の状態に戻ろうとする期間)を過ぎると、体調が安定し始めるといわれています。完全に出産前の身体に戻るためには1~2年かかるともいわれているので、産褥期を過ぎても注意が必要です。

人気のマタニティフォトは品川のスタジオで!お客様のスタイルに合わせた撮影が可能

人気のマタニティフォトは品川の【Chepolinko Studio】へご依頼ください。マタニティフォトやニューボーンフォトなどの撮影を承るスタジオです。品川の【Chepolinko Studio】では、お客様の性格・スタイルに応じた撮影を心掛けています。

マタニティフォトは、人生の中で大切な思い出となる妊娠を記録に残せるものですので、ぜひご利用ください。産後で体調が悪くなることも多くありますが、妊娠中も体調を崩しやすいため、マタニティフォトを撮影する際は体調を考慮しながら無理のない環境で撮影に臨むことが大切です。

品川の【Chepolinko Studio】ではお客様がリラックスして撮影できるよう心掛けているため、安心してお任せください。

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

写真や撮影に関する豆知識