寝ているときに新生児が笑うのはなぜ?

新生児が寝ているときなどに、ニヤーと笑っているところを見たことがある方も多いかと思います。これは「新生児微笑」と呼ばれている現象です。新生児は、まだ自分でコントロールして笑顔を作ることはできません。

そのため新生児微笑は、嬉しい・楽しいという感情から笑っているものではなく、顔の筋肉が緩んだり、顔の神経の反射がおこったりして、それがたまたま笑顔に見えているのです。

これは寝ている時だけではなく、起きているときも同じ反応をすることがあります。新生児はこの新生児微笑により周囲の反応を確認して、だんだんと笑顔の意味を理解していくのです。

いつから感情の入った表情が見られるの?

赤ちゃんが自ら表情を作るのは、個人差もありますが早くて生後2~3ヶ月頃です。遅くても生後6か月頃、首が据わるくらいになると感情が入った笑顔を見せてくれます。

この感情が入った笑顔は反射的な新生児微笑とは違い、赤ちゃんの意思で笑っている「社会的笑顔」と呼ばれるものです。

また、赤ちゃんは「原始模倣」といって、周囲の人の表情を真似することができます。そのため、笑顔やびっくりした顔など様々な表情を見せて、赤ちゃんの表情を引き出してあげることが大切です。

人気の新生児フォトを東京のスタジオで撮影したいと検討中なら

新生児フォトを東京のスタジオで撮影したいとお考えでしたら、【Chepolinko Studio】をご利用ください。新生児フォトは、産まれたての可愛さを記録に残せると人気の写真です。東京の品川で営業する【Chepolinko Studio】では、そんな新生児フォトをはじめ、マタニティフォトや家族写真などの撮影を行っています。

新生児撮影を得意とするプロのカメラマンが対応するため、新生児ならではの表情やポーズの変化を見逃さず、心温まる写真の撮影が可能です。新生児の時にしか見ることができない新生児微笑など、素敵な瞬間を記録することができるように努めさせていただきます。

【Chepolinko Studio】では、良い写真が撮れるまで時間にこだわらず撮影を続けることが可能です。東京で新生児フォトの撮影が可能なスタジオをお探しでしたら、ぜひ【Chepolinko Studio】へお越しください。

マタニティフォト

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

詳細はこちら

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

詳細はこちら

写真や撮影に関する豆知識