ニューボーンフォトとは

日本人にはあまり聞きなれないニューボーンフォトですが、これから出産を控えているママ達にはとても良い思い出になるものです。ニューボーンフォトとは、生後3週間までの時期を目安に、産まれたての状態に近い赤ちゃんの様子を撮影するもので、新生児の時の貴重な様子を記録に残しておくことができます。

日本では生後一ヶ月で行うお宮参りや、百日祝いなどで赤ちゃんの写真を残す形が一般的です。しかし海外では、ニューボーンフォトで産まれたての赤ちゃんを撮影し、ポストカードを作って親戚や身近な友人に出産報告をしたり、SNSに載せたりする方も多くいます。

ニューボーンフォトの魅力

ニューボーンフォトの魅力は、お腹の中にいた時と最も近い状態の赤ちゃんを記念に残せるというところです。

産まれたての赤ちゃんは、まだ触ることを躊躇してしまうくらい繊細で神秘的な存在ですが、成長が早くあっという間に顔・体型・雰囲気が変わってきます。

そのため、産まれたての赤ちゃんの貴重な時期を写真に残せるニューボーンフォトは、一生の宝物にもなるのです。

ニューボーンフォトの撮影は東京・品川で営業する【Chepolinko Studio】にお任せ!

ニューボーンフォトの撮影は、東京の品川で営業している【Chepolinko Studio】にお任せください。【Chepolinko Studio】は、家族写真やマタニティフォトの他、ニューボーンフォトの撮影も可能なスタジオです。

生後間もない繊細な赤ちゃんの撮影も、プロならではの技術で撮影させていただきます。【Chepolinko Studio】の目標は、赤ちゃんの本物のハッピーな笑顔・喜び・家族の生のストーリーを感じられる一瞬を写真に収めることです。

写真を美しいアートの一環としてとらえているため、その日撮った中でベストな画像を選択し、本物の芸術作品として仕上げています。ニューボーンフォトに興味がある方は、ぜひお気軽に【Chepolinko Studio】までご連絡ください。ご家族の貴重な時間を写真に残すお手伝いをさせていただきます。

マタニティフォト

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

詳細はこちら

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

詳細はこちら

写真や撮影に関する豆知識