赤ちゃんがぐずる原因と対策

赤ちゃんはまだ言葉を話すことができないので、言葉で泣いている理由を伝えることができません。一度ぐずってしまうとなかなか泣き止んでくれない赤ちゃんも多いため、しっかりと対策を立てママの負担を減らしましょう。

赤ちゃんがぐずってしまう原因はたくさんあり、眠たいのに眠れない時の寝ぐずり、眠たいのに起きてしまった起きぐずり、おむつの汚れや空腹などの不快感によるぐずりなどが代表的なものです。

さらに退屈なときや、寂しい・甘えたい・かまってほしいときにも泣き出してしまいます。ぐずりや泣きの対策としては、おむつが汚れていないか、室温や服装は適切かをチェックしてあげることが大切です。

眠る前後にぐずる場合は、生活のリズムを整えることを意識してください。新生児期の場合、特に理由も無く泣いていることもあるため、外の風を当てたり、おくるみでくるんでみたりすると落ち着くこともあるため、様々な方法を試してみましょう。日頃から様子を観察し、異変に気付いてあげることはもちろん、どんなときでも臨機応変に対応してあげることが大切です。

家族写真やニューボーンフォトの撮影なら!東京・品川の【Chepolinko Studio】にお任せ

家族写真や子供写真、ニューボーンフォトの撮影を検討中の方は【Chepolinko Studio】へご連絡ください。東京の品川で営業する【Chepolinko Studio】では、赤ちゃんやご家族の皆様がリラックスして撮影ができるよう心掛けています。

ニューボーンフォトの場合、眠い状態の赤ちゃんは撮影しやすいため、撮影開始前にミルクをあげることがおすすめです。もし赤ちゃんの機嫌が悪くなりぐずり出してしまっても、休憩を取りながら撮影することが可能なのでお気軽にお申し付けください。

【Chepolinko Studio】では、ニューボーンフォトの撮影経験も豊富なフォトグラファーが対応いたしますので、赤ちゃんにも負担をかけずに撮影を進めることができます。赤ちゃんが快適に過ごせるスタジオもご用意しているため、ニューボーンフォトの撮影の際はぜひご利用ください。

マタニティフォト

マタニティフォト

マタニティフォト

妊娠は全ての女性にとって美しく、特別な経験であると思います。妊娠は、お母さんになるまず第一歩なのです。マタニティフォトの撮影はゴージャスな光を放っている、丸いお腹をカメラにおさえ、出産前のエキサイティングな瞬間をとらえるベストな時期でもあります!この最高な瞬間を是非楽しんでください!

お客様の性格、スタイルに応じていきます。旦那さん、もしくはパートナー、兄弟たちも写真撮影に大歓迎です。リラックスして、思い出に残る、最高な体験を皆さまに味わって欲しいと私たちは願っております。ポーズの仕方など指導いたしますので、皆さまの美しい親密で感情的なマタニティフォトを提供していきたいと思っております。

詳細はこちら

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

ニューボーンフォト

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。ニューボーンフォトは、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンフォトは産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでもニューボーンフォトの撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

詳細はこちら

写真や撮影に関する豆知識