ニューボーンフォトの経歴

ニューボーンフォトの経歴 2016-11-16T05:07:42+00:00
Newborn Tokyo

時には一番小さなことが…

あなたの心の中で大きいものだったりします。

新生児の最初の数週間はあっという間に過ぎ去ってしまい、この大切な時間を取り戻すことはできません。新生児は毎日成長していきますので、その時その時の瞬間が大切です。大切な赤ちゃんが成長する前に、赤ちゃんの成長する前の大切な小さな詳細を写し撮りたいと思っています。新生児写真は、天使のような純粋さ、特別な愛おしいらしさが残り、親御さんの心の本当の喜びとなり、何年も残るものとなります。

ニューボーンのセッションはいつ予約すればいいの?

赤ちゃんが生まれる前がベストな時期です!計画を立てることはとても大切です。新生児が生まれて最初の数週間は、まだとても眠くて、赤ちゃんは丸くなりたい時期でもありますので、新生児の写真にとても大きな違いをもたらします。1−2ヶ月は予約でいっぱいな場合がほとんどですので、赤ちゃんが産まれる前に予約をすることをお勧めします。もちろん赤ちゃんがいつ産まれるか定かではないので、仮予約としておさえることが可能です。予約をして、あなたの出産予定日がわかり次第、最後にやることは赤ちゃんが産まれ次第、私たちにご連絡をください。撮影のスケジュールを確定として、本予約といたします。

若いほどもっと良い

新生児は産まれて2週間以内が一番と考えています。生後5〜10日目が一番の理想のタイミングです。この時期の赤ちゃんは深い眠りにつきやすく、丸くなりとても可愛らしいポーズをしてくれます。もちろん2週間以上の赤ちゃんでも撮影を大歓迎です。素晴らしい撮影になりますが、撮影前の2時間は赤ちゃんが起きていることをお勧めします。

赤ちゃんは何を着ればいいの?

赤ちゃんは下半身裸が一番可愛いです。どの撮影でも、私たちのアクセサリーを用意しています。(どの小道具も全て洗われ、清潔に保たれています。)新生児用の帽子だったり、ニットの洋服、リボン、ヘッドバンドなどがあります。お揃いの色の布などを使ってあなたの写真をもっとおしゃれにします。なので心配はご無用です。私たちにお任せください。お客様も特別な個人の物を持ってきていただいても結構です。写真をもっと意味深い物にできます。(ブランケット、おもちゃ、帽子、家族を主張する物など)

両親は何を着ればいいの?

お父さんは、ボタン無しの落ち着いた色のシャツをお勧めしています。ボタンがあると赤ちゃんを傷つけてしまう場合があります。ベージュ、カーキー、オリーブグリーン、ワイン色、紺色、チャーコルブラウン、灰色、クリーム色、茶色、などがお勧めな色です。落ち着いた色味が撮影に向いています。お母さんには肌色、もしくはクリーム色でストラップがないブラジャーを用意して頂いております。撮影の際に、お母さんは布でカバーを致します。もしお父さんで、上半身裸でも大丈夫でしたら、特別で、愛情たっぷりの写真になります。他のお子さんがいましたら、お父さんと同じ似た色を着ることをお勧めします。お子さんが男の子でしたら、ジーパンやカーキーのズボン、女の子の場合、柄のないノースリーブ系のワンピースをお勧めします。お子さんの洋服も落ち着いた色味にすると、顔がもっと象徴されます。明るい色ですとお子さんのせっかくの素敵な笑顔があまり目立たなくなってしまいます。ロゴや柄がある洋服は控えてください。

新生児撮影のセッションではどのように準備すればいいですか?

撮影にあたって赤ちゃんが十分な休みをとっていることと、到着時にミルクをあげることをお勧めします。眠たい赤ちゃんは一番撮影しやすくなっています。赤ちゃんにミルクをあげる前に赤ちゃんを裸にしてください。食後に洋服を脱がせると、赤ちゃんの機嫌を損ねてしまう時があります。撮影中には、赤ちゃんにミルクをあげる休憩や、赤ちゃんの機嫌が損ねたりした場合、休憩を何回かとることが可能です。私たちは赤ちゃんがレラックスして撮影ができるように、全力で工夫いたします。

撮影セッションは何時間?

撮影は2~4時間ほどとなっています。なので、赤ちゃんがミルクを飲んだり、オムツ替え、お昼寝、などの時間がたっぷりあります。新生児にポーズをさせるのにも時間がかかりますので、細かいところまで完璧にするための時間設定となっています。

赤ちゃんと一緒に写真に写ってもいいですか?

もちろん! 新生児撮影が私たちのプロフェッショナルな分野ですので、親御さんも是非一緒に撮影に参加してください。新生児の大切な瞬間、お母さん、お父さんになったばかりで新生児を大事に抱いている姿ほど貴重な写真はほかにはありません。

スタジオ、屋外、またはご希望のロケーション?

新生児の撮影セッションでは、屋内のスタジオ、私たちの家の1階での撮影をお勧めします。さほど大きくありませんが、リラックスできる環境にしております。新生児用のデコレーション、ライティングのセッティングもしており、新生児にとって快適な部屋の温度となっています。
もしお客様のご自宅のご希望がありましたら、出張撮影も可能です。赤ちゃんの普段の生活風景や、お客様にとって意味があるセッティングでの撮影も対応可能です。ご自宅での撮影の場合は、ライティングやブランケット、バスケット、アクセサリーを持参いたします。ご自宅でも、新生児の愛らしいポーズを撮れるよう工夫いたします。ご自宅での撮影の場合、一番明るいお部屋で、新生児に快適な室温、27-29 ºCくらいに保てる場所の提供をお願い致します。
屋外での新生児撮影セッションは夏と初秋のみ限定とさせていただきます。

芸術的に編集

レタッチのためにベストな画像のみ選択をします。時間をかけて、あなたのマタニティー撮影セッションの何百枚以上の映像の中から、最高な画像を選びます。ポーズだったり、顔の表情、ライティング、全体像を比較しながら厳選して選んでいます。各画像を編集し、本物の芸術作品として仕上げます。